就職ナビを使わない就職活動 と  企業研究サイト「就活SWOT」もよろしくお願いします!

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています




  
2018.01.29 Monday| category:-| -|

【日経ナビ2013】(日経就職ナビ2013)について


日経就職ナビ
は、いわゆる「企業にエントリーするサイト」で、


・大手優良企業の情報が多い

・日経新聞のバックボーンを活かし、時事問題に強い



という特長があります。

企業数、学生数ともに「数」にはあまり拘っていないようで
特に、掲載企業の「審査」は他よりも厳しいそうです。

日経ナビ

【昨年の掲載企業の一例】

マイクロソフト、NTTドコモ、NTTデータ、松下電器産業、富士通、

日本政策投資銀行、インテリジェンス、ゴールドマンサックス、

エーザイ、豊田通商、三菱UFJ総研、積水化学、東洋経済新報社、

トヨタ自動車、三井住友銀行、オリンパス、日立製作所、三菱電機、

日本経済新聞社、三井食品、JFE、日本製紙、あずさ監査法人、JR東海、

JPモルガン、CSKシステムズ、みずほ情報総研、NTTコムウェア、

マクロミル、コクヨ、コーセー、キャリアデザインセンター、シンカ、

大和証券SMBC、日本興亜損害保険、日本トイザラス、キッコーマン、

ダイキン、NEC、アサヒ化成、新日本製鉄、横浜銀行、

ジョンソン・エンド・ジョンソン、農林中央金庫、住友生命、

三菱重工業、KDDI、東京海上日動、丸紅、東芝、プラン・ドゥ・シー、

三井化学、日本ユニシス、読売新聞社、日興コーディアル証券、

東レ、大林組、竹中工務店、日産、NTT研究所、



見ての通り、大手企業を受けたいと思っている人ならば

とりあえず登録しておくべきであると思いますが、

あまりプロモーションを積極的に行ってないこともあり

サイトもあまり活性化していないのが若干残念です。



「そういえば登録しそびれていた」という

就活生も多いサイトです。



登録したい方は、下記からどうぞ。
日経就職ナビ







【推薦就職サイト】

◆就活サイトランキング

◆ダイヤモンド就活ナビ



◆インターンシップ情報

就職活動サイト ジョブウェブ

◆第二新卒・既卒・新卒大学生










  
2011.11.01 Tuesday| category:就職サイト比較| comments(0)|

みんなの就職活動日記とは(みん就)


みんなの就職活動日記とは、(通称:みん就

平たく言えば「就職活動に関するクチコミサイト」。
SNSなどではなく、掲示板方式です。

リクナビ、マイナビなどの「ナビ系サイト」を除けば
もっとも利用率の高い就職サイトです。

【特長】
1.特定企業の選考などに関するクチコミ情報を閲覧できる
2.情報が企業ごとにまとまっている
3.網羅している企業の数が多い
4.4月など、選考情報の速報性が高い

ただし、マイナス面も大きいサイトです。
1.デマも多い
2.時間を浪費してしまいやすい
3.自分で質問をする場合、書きこみが反映されるまで時間がかかるのでレスポンスが遅くなる
4.学生にとって有益な情報でもサイト側の都合が悪ければ削除される場合がある
5.人事が監視している・人事が学生のフリをして書き込むことがある

こうした問題点を解決した就活情報サイトとして、就職SWOTなどが提供されています。


ただ、さきほど書いたとおりリクナビ、マイナビなどの「ナビ系サイト」を除けば
もっとも利用率の高い就職サイトです。

…が、数年前に比べるとその勢力は落ちてきています。
mixiやTwitterなどのソーシャルメディアに代替されてる部分もあるんでしょうね。

使い方をうまく考えなければ、プラスにもマイナスにもなるサイトです。

【推薦就職サイト】
◆就活サイトランキング
◆ダイヤモンド就活ナビ
マイナビ
◆インターンシップ情報
ジョブウェブ
◆第二新卒・既卒・新卒大学生
ネオキャリア
◆[en]学生の就職情報



  
2010.10.31 Sunday| category:就職サイト比較| comments(0)|

マイナビ2012(毎日ナビ2012)



マイナビに関する最新の分析記事はこちら。=>マイナビ2012【就活サイト紹介】


いわゆる「企業にエントリーするサイト」
としてはリクナビ、マイナビ、日経ナビの3つが大手ですが

毎ナビ2010は企業掲載数、学生利用数ともにリクナビに迫る勢いがあるサイトです。

リクナビから乗り換えている企業も多く、
リクナビでなくてはエントリーできない企業というのは段々と減ってきているそうです。

逆に、リクナビの掲載料金が高いということで
マイナビにのみ掲載されている企業も多いです。

【掲載企業例】
JAL、ANA、JTB、オリエンタルランド、シャープ、東芝、
松下電工、富士通、NEC,ソニー、日立製作所、カゴメ、江崎グリコ、
ジェイブレイン、ハウス食品、 日清食品、ヤクルト、東レ、旭化成、
ノエビア、神戸製鋼、新日鉄、三菱重工業、トヨタ自動車、マツダ、
HONDA、カシオ、JR東海、コニカミノルタ、DNP、凸版印刷、
バンダイ、サマンサタバサ、大和證券、日本トイザラス、
三菱UFJ証券、みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行、
野村證券、三菱東京UFJ銀行、明治安田生命、第一生命、
損保ジャパン、東京海上日動、住友生命、東京電力、東京ガス、
関西電力、ワタミ、リンクアンドモチベーション、ワイキューブ、
ネオキャリア、帝国データバンク、小学館プロダクション、
ベネッセコーポレーション、JAXA、JICA、ぐるなび、読売テレビ、
講談社、NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ、NTT東日本、
サイバーエージェント、KDDI、日本IBM、野村総合研究所

【人気企業人事のインタビュー】
講談社、三菱東京UFJ銀行、フジテレビジョン、資生堂、
トヨタ自動車、ソニー など、人気企業人事のインタビュー。


動画による「就活チャンネル」や「潜在能力診断」など
その他のコンテンツもなかなか面白いです。






  
2010.07.31 Saturday| category:就職サイト比較| comments(2)|

◆ダイヤモンド就活ナビ2011◆〜無料で筆記試験・時事問題対策〜


ダイヤモンド就活ナビ2011が新3年生のサイト登録受付(事前登録)を開始したようです。


この就活ナビの強みは、
「筆記試験対策・SPI対策が充実している」
ということ。
・SPIのカリスマ講師、柳本新二先生の講義をオンデマンドで受講可
・適正診断で、やりたい職業・適性といわれる職業との比較ができる
・会員のための就活勉強会(ゼミ)を開催

などなど。

また、ビジネス週刊誌「週刊ダイヤモンド」に掲載された
就活・ビジネスに関連した記事も読むことができます。

ですので、時事問題も対策できますね。

「SPI対策は年内に」と常々オススメしていますが
こういったサイトを使えば無料で筆記試験対策ができるので、
是非タダで活用してみてください。

続きを読む >>


  
2009.06.16 Tuesday| category:就職サイト比較| comments(0)|

【オススメサイト】ジョブウェブ〜もっと成長したい人のための就職活動支援サイト〜


【NEWS】

ジョブウェブが「就活カレンダー」の公開を始めたようです。

国内・外資の人気企業や、学生団体などの主催する
就活支援イベントなどの情報が掲載されています。

なかなか便利そうなので是非一度使ってみてください。

---
オススメの就活サイト紹介です。

ジョブウェブ

他の就活サイトは企業の情報がメインですが、このジョブウェブは
「エントリーシートの添削」や
面接・グループディスカッションなどの対策イベント情報など
学生のためのコンテンツを多く盛り込んでいます。

僕も就活中にこのサイトをよく使ったことがありましたが、
ロジカルシンキングや、人気のベンチャー企業社長による講座など
参加して良かったと思えるイベントが多かったと思います。

最近では学生による企業の選考レポートも掲載されているようです。
現時点で電通、三菱商事、リクルートなど人気企業の情報が掲載されているので
ぜひ一度チェックしてみましょう。

====================

〜【ジョブウェブ】もっと成長したい人のための就職活動支援サイト〜

・エントリーシート添削!
・外資系、商社など難関企業の選考通過エントリーシート公開
・就活ブログで気になる情報GET&就活仲間ができる!
・即・定員オーバーの人気セミナー情報

などで、あなたの就職活動を徹底的にサポートします!!

就職活動サイト ジョブウェブ




  
2009.06.01 Monday| category:就職サイト比較| comments(0)|

■就職サイトランキング2010■




今年で3年目。恒例になりつつある、就活サイトランキングです。
(調査日:2008/10/31)

サイトの質・内容は一切考慮せず、
Alexaのデータ(ページビュー数やアクセス人数)などをもとに
就活関連サイトをランキングしています。

「どのサイトが多くの人に使われているのか」の
目安として参考にしてください。

【2008年8〜10月 就活サイトAlexaランキング】

■1位&2位■
リクナビ2010
マイナビ2010 [解説]

■3位 みんなの就職活動日記 [解説]

■4位 [en]学生の就職情報2010 [解説]

■5位 学情就職ナビ2010

【6〜10位】
6位 ダイヤモンド就活ナビ2010 [解説]
7位 日経就職ナビ2010 [解説]
8位 ネオキャリア就職ナビ2010[解説]
9位 文化放送就職ナビ2010
10位 ジョブウェブ [解説]

【11〜20位】
11位 就活大辞典
12位 就活ラボ(旧アクセスナビ)
13位 アットインターンシップ)
14位 就職ブレイキングニュース
15位 パッション業界就職ナビ
16位 インターンシップ総研
17位 ETIC
18位 理系インターンナビ
19位 Do-campus
20位 外資コンサル.com

※リクナビが、「yahoo」のサイト内にあるため、リクナビ単体の順位が(正確には)算出されません。
 去年までは「実際、リクナビの方がメジャー」という事で1位にしていましたが
 今年の傾向を見ていると、マイナビが非常に伸びており
 もはやリクナビが単独TOPとは言えないのでは…ということで
 同率TOPとさせていただきました。

【雑感】
全体として、早期から積極的に動いてる学生が多いようで
各サイト、アクセス数は伸びているそうです。

Alexaデータからはわかりませんが、
急成長していると言われているのは、マイナビエンジャパンです。

両サイトともに、プロモーションに力を入れており
サイトとしても使い勝手の良いものになっていると思います。





  
2008.11.10 Monday| category:就職サイト比較| comments(1)|

【就職活動サイトランキング2009】2007年9月版



去年Dachinco!をやっていた頃に「就活サイトランキング」を作ったのですが
今年は個人的に集計してみました。
(調査日:2007/9/16)

サイトの質・内容は一切考慮せず、
Alexaのデータ(ページビュー数やアクセス人数)をもとに
就活関連サイトをランキングしています。

「どのサイトが多くの人に使われているのか」の
目安として参考にしてください。
(もちろん、多くの人に使われているから良いとも限りませんが)

【2007年7〜9月 就活サイトAlexaランキング】
就活サイト内順位、サイト名、Alexaランキング(世界中の全ウェブサイト内での順位)、前回順位、前回のAlexa順位の順番に掲載。


1位 リクナビ  17位 (前回1位/8位)
2位 日経就職ナビ  1018位 (前回2位/312位)
3位 マイナビ 3837位 (前回3位 /1440位)
4位 みんなの就職活動日記  18026位 (前回4位/6931位)
5位 [en]学生の就職情報  33917位 (前回5位/14135位)
6位 学情就職ナビ  156473位 (前回8位/92334位)
7位 ネオキャリア就職ナビ2009 177933位 (前回11位/156409位)
8位 ジョブウェブ 225645位 (前回9位/119021位)
9位 文化放送就職ナビ 364988位 (前回18位/356819位)
10位 学天就職ナビ 368846位 (前回27位/613409位)

11位 ダイヤモンド就活ナビ 430122位 (前回10位/141129位)
12位 アットインターンシップ 473949位 (前回14位/226994位)
13位 れせぶろ! 516671位 (前回22位/403847位)
14位 インターンシップ総研 565247位 (前回20位/366701位)
15位 就活大辞典 http://shushoku.withwes.org/ 580740位
16位 ETIC 588795位 (前回12位/170451位)
17位 理系インターンナビ 674046位 (前回29位/639465位)
18位 Do-campus 680404位(前回16位/323761位)
19位 就活SNS「Dachinco!」  715781位 (前回6位/67325位)
20位 Student Hunting http://www.studenthunting.com/ 732893位

21位 就職ブレイキングニュース http://www.breaking.jp/ 776661位
22位 外資コンサル.com 818555位 (前回21位/390254位)
23位 就活ラボ(旧アクセスナビ)http://www.as-navi.com/ 870856位
24位 体育会系・アスリート就職ナビ 949136位
25位 インターンゲート 976124位 (前回30位/705285位)
26位 デジット株式会社 1008824位 (前回17位/334118位)
27位 ベネッセドリームエントリー 1098424位 (前回15位/301240位)
28位 ピグマ 1136576位 (前回24位/431081位)
29位 インターパーソナル 1503262位(前回28位/618443位)
30位 パフの若者就職応援ページ 1572055位 (前回13位/212058位)

31位 人事.com 1715800位(前回25位/463569位)
32位 Bi助っ人 http://www.oohi.net/ 1901243位
33位 JOB-SHIP 2183786位 (前回26位/589553位)
34位 人材業界就職支援サイトSpirits 2449584位 (前回23位/415103位)
35位 インカレ! http://incolle.jp/ 2534806位

次点 就活相談.com http://www.shukatsu-soudan.com 2799491位

前回順位は、2006年9月頃に調査された際の結果です。

・全体として、アクセス数は去年の同時期より下がっている傾向。
・上位5位(リクナビ、日経、マイナビ、みん就、en)はほぼ固定
・6位以下において、中堅「ナビ系サイト」の上昇が目立つ
(ネオナビ、ブンナビ、学天など)
・「情報交換系」の就活コミュニティサイトは反対に下降傾向。

【雑感】
就活サイト全体の傾向としては、
去年度よりもアクセス数が落ちているようです。

もしかしたらmixi内の就活コミュニティにアクセスが集まり、
就活専用のサイトへアクセスする頻度が減っているのかもしれませんね。

全体として落ち込んでいる中でも
特にコミュニティ系のサイトで下降が激しいということも、
mixiなどへ就活生のアクセスが集中していることの裏づけになりそうです。

10位以下の中堅以下就活サイト運営者や学生団体は
こぞってmixi内で自社サイトを告知していますが、

このことで「就活の情報はmixi使ってれば十分入ってくる」という状況になり
全体としてはむしろ就活サイト群のアクセス数減につながってしまっているのかもしれません。

このほか、去年の同時期と比べてそもそも就活に向けて
動いている・情報収集している学生が少ない、という可能性も考えられます。





  
2007.11.01 Thursday| category:就職サイト比較| comments(0)|

就活ブログに関するウェブサイト


大手就活サイトでは知ることのできない情報を得る手段の1つとして、
「就活ブログを見ること」があります。

就活生あるいは就活経験者がビジネス上のしがらみなく書いているケースが多いので
掲載企業からお金をもらっている大手ナビサイトには書けない事でも
書くことができます。
(このブログも、もともとそういう趣旨で書いてますが)

そんな就活ブログが集結したサイトをいくつか紹介しておきます。

.屮蹈哀薀鵐ングサイト
@with人気ブログランキング
 ブログランキングサイトとしては一番メジャー?

就活ブログランキング
 学生ブログに強いブログランキング(の就活コーナー)

▲屮蹈哀螢鵐集サイト
みんなの就職活動日記のブログリンク集
 就職に関係ない記事も多いのがネックか。

4覿搬Δ離屮蹈
れせぶろ!
 人事担当がブログを書いています。
 (今年からリクナビにもブログ機能がついてしまったので
  差別化が難しいところですが。。。)

その他
アスブロ
明日を企てる学生のブログ集だとか。

玉石混合ですが、他にもたくさんあります。

個人的に以前読んでよいと思ったブログはこれとか。
業界研究・職種研究はかなり勉強になります。

ブログランキングなどで面白いブログ探してみてください。
JUGEMテーマ:就職活動





  
2007.10.31 Wednesday| category:就職サイト比較| comments(0)|

日経ナビ、マイナビ、エンジャパンなどグランドオープン


10月になって、いくつかの就活サイトがグランドオープンされたようです。
グランドオープンにより、いよいよ企業へのエントリーができるようになり
今まで使えなかった機能も使えるようになっています。

[en]学生の就職情報
マイナビ

早めに登録して情報が届くように設定しておきましょう。

ただし就活サイトを使っているだけで就活した気になっては意味がありません。
就活サイトに登録した後は、具体的なアクションを起こしましょう。



  
2007.10.02 Tuesday| category:就職サイト比較| comments(0)|
categories
archives
/
/
profile
Sponsored Links
qrcode