就職ナビを使わない就職活動 と  企業研究サイト「就活SWOT」もよろしくお願いします!

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています




  
2012.08.03 Friday| category:-| -|

1−2◆新卒に求められるものは?


▼マスコミは「現在の就職活動は、学生の売り手市場」と謳っており、それを鵜呑みにしている人も大勢います。「採用枠がたくさんある」のは事実です。しかし、実は「採用枠はある。でも条件に合う学生がいなければ枠が余っていても採らない」というのが人事担当者の基本スタンスなのです。

▼「どこでも良ければ」内定は容易に取れる時代だからこそ皆が人気企業を志望するし、結果として人気企業の倍率は高まっています。
「最近の就活は学生の売り手市場」というこの考えはまず初めに捨ててしまいましょう。そんな考えは持っていても百害あって一利なしです。売り手市場だといわれている今だからこそ就職活動も気合を入れて臨むべきなのです。

▼さて、先ほど「条件に合う学生でないと採らない」と書きましたが、この条件というのは、単に能力だけではなく、会社への「適性」も入ります。
また、新卒採用の面接では「即戦力」はあまり求められておらず、会社側も学生のことは「素材」として見ています。だから「これから成長しそうか」「ポテンシャルがあるか」という所がポイントになってきます。

▼就職活動は「デキる学生コンテスト」ではなく、特に日系大企業は想像以上に「能力より会社とのマッチング」を重視します。だから起業を経験する必要も、学園祭の実行委員長を務める必要もインターンに励む必要もありません。もちろんそれらを頑張ることで「自分形成」をすることは大切ですが、「就活のために」無理してするものではありません。

 某大手企業の人事は「能力もリーダーシップもいらない。ウチに合うやつが採用できれば。能力やリーダーシップなんかは、採用したやつを育てて補えばそれでいい。」と話していました。基本的には、新卒学生はあくまで将来性を買われているわけであり、即戦力でなくてはいけないわけではないのです。
 だから「自分は優秀で能力もあるから内定は取れる」と思っている方は、ご注意を。自分の悪い所も理解し、そのことは謙虚に受け止め、「一緒に働きたい」と思われるように、面接官に自分をアピールしていきましょう。


◆就活は実は楽しいものである
▼就職活動は大変で面倒なものでもあり、壁にぶつかり、落ち込む機会も多々あります。しかしその一方で就活には楽しい側面もたくさんあり、その「楽しさ」を見出す事が就職活動の成功にもつながります。

▼就活には、今までの生活の中では会う機会がなかった、様々な人に会う機会があります。就活イベントやインターン、選考などで一緒になった就活生同士で仲良くなる事も多いですし、そうやって知り合った就活仲間と情報交換や交流する機会もたくさんあります。もちろん、普段つきあっている友達と一緒に就活するのも楽しいものでしょう。

▼企業の裏話など就活生だからこそ教えてもらえる事もたくさんあるし、社会人ならば高いお金を払わなければ参加できないセミナーが、就活生ならば無料で受けられることもあります。ロジカルシンキング、プレゼンテーション、ビジネスの基礎など、普通に大学生活を送っているだけでは身につけられない能力を伸ばす絶好の機会なのです。

▼こういったチャンスを活かし、楽しむことも就活成功の秘訣です。楽しいからこそ行動したいと思えるようになり、行動するからこそ就活の成功に近づいていきます。


※就活入門資料完全版はこちら



  
2007.09.23 Sunday| category:就活入門講座| comments(1)|

スポンサーサイト





  
2012.08.03 Friday| category:-| -|
Comment
どうもこんにちは!
いろんなブログを応援させていただいています。
応援ポチッ!
ポルコ, 2007/06/02 5:23 PM









categories
archives
/
/
profile
Sponsored Links
qrcode