就職ナビを使わない就職活動 と  企業研究サイト「就活SWOT」もよろしくお願いします!

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています




  
2012.08.03 Friday| category:-| -|

2−3◆インターンを就活に活かすためには


▼3年になると「インターン」が身近で話題になることも多いと思います。
インターンって就活にどう役立つの?と疑問な方も多いでしょう。

インターンシップの効用は、
,修隆覿箸瞭眥蠅膨招襪垢襦覆海箸發△襦
⊆己分析・企業分析になり、選社軸の形成や自己PR構築に役立つ(こともある)
就活をともに乗り切る仲間ができる(こともある)
などがあげられます。
実務経験は、長期インターンでないならばそれほど期待できません。

,修隆覿箸瞭眥蠅膨招襪垢襦覆海箸發△襦
→インターンをやるからには、基本的に企業はその中の一部を採用したいと考えています。「バイト扱いで募集している」ケースや「一方的に自社を理解してもらうために実施している」ケース(説明会と同じ位置づけで考えている)は内定直結とは言えませんが、採用選考の一環としてインターンを実施している会社もあります。そういった内定直結だったり、本選考で有利になったりする事を狙うのが一つ。

⊆己分析・企業分析になり、選社軸の形成や自己PR構築に役立つ(こともある)
→これは心がけ次第です。その会社の風土を見ていて「この会社は自分に合う」と思うこともあるでしょう。「この業界の仕事は自分のやりたい事ではない」「イメージしていたのと違う」「業務の○○の部分で自分の強みが活かせるかも…」など、インターンから気づきを得ることも可能なはずです。そのためにはインターン参加前からその会社のこと、その会社で働く自分のことを想像し、インターンに参加している間も仮説・検証を繰り返す事もできます。
また、社員さんが近くにいるので、自分の立てた仮説が社会人から見てどうなのか、意見を聞くことも可能です。

就活をともに乗り切る仲間ができる(こともある)
→志望企業やレベルの近い就活仲間の存在は大きな支えとなります。自分達の志望企業のエントリーが始まったこと、一般には公開されていない情報などを教えあったり、面接やエントリーシート、グループディスカッションの対策を一緒に行ったり…そういった就活の友達づきあいは、大変楽しいものです。

▼どの部分にインターンの目的を見出すかは自分次第。「他のことでがんばる」のもそれはそれで正解だと思います。ただ、インターンの選考を受けてみることで場慣れはするし、確実に勉強にはなります。


インターンセミナーに興味がある方は、コチラもご覧ください。

※就活入門資料完全版はこちら



  
2007.09.19 Wednesday| category:就活入門講座| comments(0)|

スポンサーサイト





  
2012.08.03 Friday| category:-| -|
Comment









categories
archives
/
/
profile
Sponsored Links
qrcode