就職ナビを使わない就職活動 と  企業研究サイト「就活SWOT」もよろしくお願いします!

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています




  
2012.08.03 Friday| category:-| -|

公務員に就職することも、ある意味リスク。どこへ行っても安定なんてない。


若干挑戦的なタイトルになってしまいましたが、
人材業界大手が新卒採用ストップの記事の続きです。

【以下、解説】
リスクというものには色んな種類があり、結局は
人それぞれの好みに応じて、「どのリスクをとるか」が問題なんだと思います。

例えば、管理人の知人で
銀行員⇒公務員に転職した方がいます。

彼は「より安定するため」に公務員試験を受けたというのですが、
話を訊いていて、管理人は
「リスクの高いことをするなー。。。」と正直思いました。

説明しますと、
彼はまず入社一年で銀行を辞め、試験勉強に一年を費やしました。

その時点で「試験に落ちるリスク」を取っているわけです。

仮に合格できなかった場合、入社一年で銀行を辞め、
一年の空白期間を持った彼をほしがる企業は、少なかったでしょう。


入社した後にも、リスクはあります。

仮にまた転職したくなった場合、
公務員から他業種へは非常に転職がしづらいのです。

ここで、転職をしたくなった時に
「他業種へ転職できない」リスクが発生します。

また、これから景気が良くなったとしても、
収入がグンと上がることは考えにくいです。
ここで、機会損失も生まれます。


「…じゃあ公務員にならなければいいの?」と言われそうですが、
そうではありません。

ここで言いたいのは
「どの道を行ってもリスクはある」ということ。

だから、『自分に合ったリスクを取る事』が大事なんです。


【追伸】

公務員志望の方、現役公務員の方には
気分の悪い記事であることをお詫びします。

しかし盲目的に「ここへ行けば安心」と思い込むことには、
非常に大きなリスクがあるということを
わかってもらえればと思っています。


あと、『志』を持って公務員になりたい、という方には
こういった話はあくまで参考程度に留めていただければと思います。

管理人も昔、公務員を目指した時期がありましたが
他の公務員志望者に志を持った人があまりにも少なく、
途中で受験をやめてしまったことがあります。

単なる保身や自己防衛ではなく、
自分の志を実現するために就職先を選ぶ人が増えれば
個人的にはすごくうれしいです。





  
2009.01.18 Sunday| category:就活動向分析| comments(2)|

スポンサーサイト





  
2012.08.03 Friday| category:-| -|
Comment
公務員志望の人には気分の悪い記事だなんてとんでもない。多くの公務員が、公務員の仕事だって思ったほど楽じゃないよと思っているから。ウソだと思うなら、『実は悲惨な公務員』という本を読んで見るといい。

あと、公務員になることがリスクだということは、『公務員入門―「不況の時はやっぱり公務員」のウソホント』という本にズバリ書かれている。公務員志望者は必読だと思うよ。

これらの本の著者は、公務員を辞めたい人をサポートするサイトの運営者だから、ホントリアルだよ。
, 2009/08/09 11:42 PM
貴重なご意見ありがとうございます。

今、Amazonで「公務員入門」をチェックしてみました。

全部は読めていないのですが、
目次にあった
「リスクがないと思っていること自体がリスク」
という一文は、至極もっともだと感じました。

公務員への就職に限らず、気に留めておきたい一言ですね。


さかずき。, 2009/08/19 12:50 AM









categories
archives
/
/
profile
Sponsored Links
qrcode