就職ナビを使わない就職活動 と  企業研究サイト「就活SWOT」もよろしくお願いします!

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています




  
2012.08.03 Friday| category:-| -|

[en]学生の就職情報』調べ 「2009年度新卒採用総括調査」


エンジャパンが行った、2009卒採用(現在の4年生・修士2年生)の動向調査結果が出ていたので、
参考までに掲載いたします。
-----------------------------------------------------------------
http://japan.internet.com/release/401.html

就職情報サイト『[en]学生の就職情報』調べ 「2009年度新卒採用総括調査」調査報告
続きを読む >>



  
2008.07.13 Sunday| category:就活動向分析| comments(0)|

総合商社について。


就活ブログランキングはこちら。最近更新してなくて順位が乱下降しています。。

今日は、ダチンコの商社イベントに来ていた
社会人の方に、色々とお話を聞かせていただきました☆

以下は自分の復習のために書きますが、参考にどうぞ。
思い出す限り書きます。

本当かどうかはわかりませんので自己責任でお願いします。


【商社は部門ごとに一個一個の会社があるようなもの。】

・だから社風なんてのは部門ごとに全然違ってしまう。
 基本的には3〜4年で一つの部署を経験する。
 内定後にOB訪問して各部署の雰囲気をつかむという人も多いらしい。

・内定前から○○部門に行きたい!と言っていた人は希望部署に入りやすいが、内定後に〜〜部門に行きたいと言い出した人の希望は通りにくい傾向あり。全体では希望が通る率は7割程度?

・しかし、選考時点で○○部門に行きたい!と思っている場合、
 なんでその事業を専門にやってる専門商社に行かないかを突っ込まれる。
 逆に、専門商社じゃなくて総合商社でその事業をやりたい理由を
 語れるならかなりプラス↑

【投資銀行との違い】
→色んなものに投資して事業を行う点で似ているが、
 投資銀行は株の売り買いでの利益で儲ける。
 商社は投資した事業を実際にオペレーションしたり、
 色んな事業を組み合わせてシナジーを生む。
(やきたてジャパン!などが良い例)

【仕事について】
一年目は基本的に研修。何か仕事をやるにしても研修的な側面がある。

子会社に出向するときは、子会社の取締役などの肩書きと
商社の社員の肩書きを併せ持つことになる。

【待遇など】
年収は二年目から5〜600万くらいに。
仮に年600万だとしたら手取り500万くらい?

研修は色々充実してるそうで英会話の受講は半分の補助がでる。


全然まとまってませんが、僕が聞いていて注目したのは
そんな感じです☆


以下個人的な印象を書いておくと、
一つの会社なのに部門ごとに全然社風が違うというのは
いい面もあるけれど「賭け」でもあるなと思いました。

3〜4年ごとに部門が変わって違うことができるというのも、
人によって好き嫌いがでてきそうです。

年収は思ってたより高いね。びっくりでした。
子会社の経営者とか社内ベンチャーってのも面白そうな話です。


大手に行くなら商社or某○○○○○かな。今のところ。
とりあえず色々見て比較検討してみたいと思います。



  
2006.01.30 Monday| category:就活動向分析| comments(0)|

商社人気


http://www.diamond-lead.co.jp/ranking05.html

今年は商社人気らしいですねー。
僕の周りも商社志望って人がかなり多いように思います。
(それ以上にコンサルや人材も多いけど)

商社といえば三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅
の五大商社、その下に双日や阪和興業があるという感じでしょうか。

何か一つの事業が売り上げか何かの50%を超えると専門商社、
どの事業も50%以下だったら総合商社になるそうです。
(間違ってたらコメントお願いします。)

今日三菱商事の内定者の友人にたまたま会ったんですが、
選考はいたってオーソドックスでES、筆記、個人面接くらいしかないそうです。(物産で去年グループディスカッションがあったのは珍しい事なのだとか)

しかし、、この人気ランキングって、
アンケート取ってるダイヤモンドビッグリードみたいな会社にとっては
学生のニーズを把握するために必要な資料なのかもしれないけど
当の就活生はこれを見て何の参考にすればいいんでしょうね?

例えば大学入試なら入試の難易度によって
志望校を変更したりする事ができるけど、

人気ランキングの順位≠難易度≠企業価値

だし、例え難易度が高かったとしても会社によって合う・合わないが
あるんだから、志望企業選びには使えませんね。

「へー、ここが人気なんだ」と、
まさに「役に立たない無駄知識」(=トリビア)。

なるべく人気のある企業に入りたいって人には参考になるのかな?
まぁ僕も「話のネタ」がてら受けてみようかと思います。

就活ブログランキング苦戦中。。応援お願いしますm(_ _)m



  
2006.01.23 Monday| category:就活動向分析| comments(7)|

ライブドア事件を見ていて思うところ


ライブドア関連、エライことになってますね。

ライブドアだけじゃなくて他のIT系企業、証券関連会社、
投資家などなど、巻き添えくらいまくりですね…ご愁傷様です。

首は吊らないでください。いや冗談じゃなくて本当に。

なんだか自民党が裏で糸引いてたとか、妙な噂もありますね。
怖い話です。


この件でとりあえず一個学んだのは、
「実際の価値よりも高い値が付いているものには
 投資すべきじゃない」ということです。

ライブドアの時価総額は、JALよりも高かったそうです。
実際の価値はどう考えてもJALの方が高いのに。
どう考えても、おかしい。

もちろん実際の価値とやらがずっと認められない場合もあるでしょう。

でも実際の価値より高い値がついてるものにはやっぱ
どっかでボロが出て、こういった暴落するんだなと。
そんなことを実感していました。


で、これって就活でも気をつけるべき事だと思います。

実はそんな良い会社じゃないけど人気はやたらある企業とか
人気はないけど業績(とか将来性)はすごい良い企業
って、たくさんありますよね。

人気がないけど業績が良い会社は、BtoB…つまり企業間で取引をしている会社、単に新卒採用関連の宣伝が下手な会社、の2つに分けられると思います。

そして「入るための労力」対「入ってみての満足度」が高い会社は、
そういった人気が無い優良企業の方だと思います。

思うんだけど特に人材系の某会社とか、某会社とか、
クライアントからの評価めちゃ悪いのになんであんなに学生から人気
あるんだろうって甚だ疑問です(笑)

カラ人気だけの企業に自分の貴重な人生を投資しないように、
気をつけましょう。

就活ブログランキングはこちら。



  
2006.01.19 Thursday| category:就活動向分析| comments(3)|

名刺と就職活動


長らく25位以下で低迷していた就活ブログランキングですが、ようやく19位まで戻って来れました;

やっぱランキング上の方が書くモチベーション上がるので、
みなさんクリックお願いしますm(_ _)m

さて、今日は名刺について。

最近…なのか、昔からなのかはよくわかりませんが、
就職活動で名刺を持つ大学生は多いですね。

夏あたりはそうでもなかったんですが、
冬には名刺を持ってない就活生ってあまりいませんでした。

就活で名刺を持つ意味は
・会った人とのその後の交流を継続させることができる
・みんなが名刺交換をしている際、あるいは名刺を差し出された際に
 自分が持っていなくて気まずい思いをしなくてすむ

…って、よく考えたら別に就活に限らないかもしれませんが、
大体こんな感じでしょう。
就活する学生の場合、前者は「対学生」「対社会人」に大きく分類できます。

学生だったらそのまま仲良くなって就活の情報交換したり友達になったり
社会人だったらOB訪問させてもらったりアドバイスもらったり…。

でも、名刺交換をしたあとにちゃんと連絡をくれる人(学生)、
ちゃんと計算したわけではありませんが僕の実感では
こちらから何も連絡を取らなければ大体1〜2割程度です。
(つまり僕の方から連絡取った人を除くと残りの1〜2割から連絡が来る)

僕の方からメールを送ったりしてレスポンスが帰ってくるのは、
大体半分くらいでしょうか。(これも実感値)

思うに、学生の名刺交換は形骸化している。

上記の名刺を持つ意味の
「みんなが名刺交換をしている際、あるいは名刺を差し出された際に
 自分が持っていなくて気まずい思いをしなくてすむ」
という部分しか果たせてない人が多いのではないでしょうか。

そりゃ名刺ごっことか言われても反論できませんね。

(まー中にはかわいい女の子にだけは連絡取るとか
 人事と交換したときだけは連絡するとかって人もいるんだろうけど)

でも、名刺はかっこつけるために配るもんじゃない、
声を大にして言いたいです。

あくまでも会った後も連絡を取り合うために交換する
ためのものだと思います。


「交換しておいて、連絡が必要な時がきたら連絡する」
という使い方ももちろん間違ってはいないと思います。

でも、就活で会った学生同士で「連絡が必要な時」っていつ??
9割がたの学生にはそんな時は訪れず、交換した名刺は
埃をかぶるのがオチではないでしょうか。

だったら「名刺交換したら用が無くてもちゃんと連絡する」
くらいの勢いでないと、学生同士の名刺交換なんて
何の意味もないと思います。

学生と交換するにしろ、社会人と交換するにしろ、
せっかく交換したからにはちゃんと活用しないともったいないですね。

…と、偉そうに書きましたが、僕も昨年交換した名刺に
連絡取れている率は大体5割程度です。

今現在手元にある名刺が2000〜3000くらい。
(うち1/3くらいは社会人)
ホントーに去年は就活生や社会人との出会いが多すぎました。

新年のドサクサにまぎれて連絡仕切れていない
名刺宛に年賀メールを送っていますが、まだまだ終わりません。。。


追記:ちなみに学生同士で交換する名刺であれば
  「PIP」や「EQS」で無料で作れるので、注文してみるといいと思います。  
  裏に広告が載っているため作成料、送料がタダになっています。

■名刺の作り方についてはこちら。





  
2006.01.04 Wednesday| category:就活動向分析| comments(3)|

07就活生の動き出しは本当に早いのか


夏頃、今年の就職活動は動きだしが早い、という話をよく聞きました。

インターンに参加する学生が多かったり、
就職活動関連のイベントが早期から実施されていたり。

しかし、ここ最近になって「今年の3年生は動きが遅い」
という声もチラホラ聞こえるようになってきた。


早くから動き出す学生が多い一方で
全体ではまだ動き出していない学生も去年より多いとか。

企業側のエントリー受付開始時期は早いが、
学生はまだエントリーをまだあまりしていないとか。
某就職サイトの登録者数は前年の同時期に比べて
まだ半分くらいだそうです。(何週間か前の話)

どっちが正しいのか、調査をしたわけでもないのであくまで仮説だが、
要は二極化が進んでいるという事だと思う。

就職活動に対して
意識が高い人、不安が大きい人は早く動き出し、
意識が低い人、楽観視している人はまだ動いていない。

その二極化が去年よりも大きいのではないかと思う。

前者に注目してみれば「去年より早い」と感じられるし
後者に注目すれば「去年より遅い」と感じられる。

前者のような学生が現れるのは
・就活支援活動の活性化
・企業の就活関連イベント実施の早期化

が原因だと思われる。

また、06年卒の就職活動では所謂「勝ち組と負け組み」が
ハッキリと分かれ、就職活動をあまりせずに
内定を何社も取った学生が多くいた。

こういった先輩から就職活動のことを聞いている3年生は、
上記のように「楽観視」し、まだ就職活動を始めていないのだと思う。

あるいは「採用枠が増える」という話をあちこちから聞いて
「今年は去年より就活はラク」と考えている人もおそらく多い。

(実際のところ、大体の企業は
 「採用基準に満たない学生は枠が余ってても採らない」
 って言ってるけどね。。)

とりあえず授業がはじまるのでここまで。
つづく…かも?
就活ブログランキングはこちら。



  
2005.12.16 Friday| category:就活動向分析| comments(5)|

ダチンコ(Dachinco!)のウェブサイト移転について


Dachinco!運営委員会が名称変更し、「就活バリュー
になりましたので、興味のある方は下記のURLよりアクセスしてください。

http://s-value.jp/

なお、以下は過去記事になりますので、お間違いの無いようお願いします。
--------------------------------------------------------

就活ブログランキング、現在9位!

以下、イベント情報。
Dachincoのイベントが12月にあるので興味がある方は是非☆

内定者や就活生と友達になれるのでオススメですよ。
話によると、かなりすごい企業が参加するそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://www.dachinco.com/
今回、就活本格化に備えて動き出したアナタの不安を解消するイベントを開催します。

アナタの悩みに答えてくれる内定者が続々参加決定!
リクルート・三菱商事・アクセンチュア・ベネッセコーポレーション・メリルリンチ証券・某大手広告代理店など

出展企業は「NTT東日本」など有名企業・優良企業
4〜6社を予定しています。

【日時】
12月18日(日)13:00〜18:30 (12:30分開場)
※第1部:13:00〜15:05 (120名限定:予約はお早めに)
※第2部:15:20〜18:30 

【場所】
株式会社毎日コミュニケーションズ セミナールーム
※パレスサイドビル6F西コア、東京メトロ東西線・竹橋駅より直結

【イベント内容】
第一部:企業訪問グループワーク(プレゼンコンペ)、SNSを使った就活必勝法講座
第二部:人事の本音座談会、エントリーシート添削会、面接対策講座、内定者相談会、企業ブースへの訪問

【参加費】
無料(要予約: http://www.dachinco.com/event_1218/
お友達を誘ってご参加ください!

【お願い】
※第1部は【120名限定】の完全予約制であり、定員になり次第、予約を締め切らせていただきます。 お早めにお申し込みください。
※お友達を誘う場合でも、それぞれ予約フォームから予約してください。
※準備の関係上、キャンセルは2日前までに必ずご連絡ください。

【問い合わせ】
dachinco_1218@yahoo.co.jp

【Dachinco!とは…】
Dachinco!は世界初の就職活動に特化したSNSであり、
現在も日本最大の就活SNSとして就活生・内定者による
「つながりづくり」「情報交換」のプラットフォームとなっています。

現在約4000人の大学生が登録し、就活の情報交換、そして就活生・内定者による交流が行われています。

「エントリーシートが書けない…」「明日の面接どうしよう…」
そんな悩みをDachinco内でつぶやけば、内定者や他の就活生がすかさず「つっこみ」でアドバイスをくれるのです。

その他、コミュニティでは業界別・企業別に様々な就活トークが繰り広げられ、就活カレンダーを初めとした情報コンテンツも大充実!今すぐ使ってみよう!
http://www.dachinco.com/cal_sample.html

Dachinco!運営委員会 http://www.dachinco.com



  
2005.11.25 Friday| category:就活動向分析| comments(2)|

新卒向け人材紹介


http://vfactory.jp/NewsReleaseDetail.do?news_release_id=1633

ネオナビなどの運営を行っているネオキャリアさんが
新卒向けの人材紹介を始められるそうです。

一人紹介で40万円。

中途の人材紹介が大体紹介者の年収の3割〜4割をフィーとしている事を
考えると、良心的な値段ですね。

就活ブログランキング10位がすぐ後ろに!;



  
2005.11.25 Friday| category:就活動向分析| comments(0)|

ATカーニー筆記試験突破


ATカーニーの筆記試験に通過しました。

次は面接だそうです。
ケーススタディでもやらされるのかな?

追記:内定ネットさんにすごく参考になる記事がありました!
http://naitei.seesaa.net/article/9142730.html
ケースはまだなんですね。グループ面接だそうです。

…で、ケーススタディについて色々書いたんですが、
がんばって書いた記事が消えて意気消沈してます。

同情してくださる人は就活ブログランキングへ。

ちなみに、面接の予約は明日の15時〆切だそうなので、お早めに。

先日コメントにいただいた就活相談.comさんで
ブログをご紹介いただきました。

「就活するからリクナビに登録する」のか、「自分の就活にリクナビが必要だと思ったから登録する」のか。就活の上で周りに流されず、必要な情報源を自分で取捨選択していく勇気の大切さに気づかせてくれる。
ご紹介ありがとうございます!

面接対策もかねて、ATカーニー関連のブログ記事を探してみました。
http://blogs.yahoo.co.jp/tokonaxsoew/15348693.html

http://lmaster.blog7.fc2.com/blog-entry-178.html


【追記】2007年11月
コンサル業界エントリー情報
JUGEMテーマ:就職活動





  
2005.11.08 Tuesday| category:就活動向分析| comments(2)|

学歴差別ってあるの?


ちょっと他のブログに書いてあった記事を見て思ったこと。

就職活動と学歴は確かに関係ある話なんですけど、
僕は「差別」って言い方はちょっと違うかな?と思います。

あくまで効率化のためにやっている合理的なことなので
いわれのない、意味のない差別とはまた別物だと僕は感じています。

…と、それはさておき。

http://www.kcareer.com/k_info/rikunabi.html
↑のページはリクナビの掲載料金・サービス表なんですが
説明会・面接予約画面S - 180万円 ○ クローズ形式(特定の学生のみ対象)でセミナーや会社説明会を告知することが出来ます。

って、早い話が学歴フィルターの事らしいです。
大学ごとに人数が決まってたり、特定大学の人にしか表示されなかったり、あとこれは別サービスですが特定大学の人にしかメールが行かなかったり。

こういったサービスがあり、
企業側もそういったサービスを望んでいたりするそうです。

もちろん仕事ができるかどうかの実力は個人の問題なんですが、
統計的に見て難関大学ほど良い人材がいる確率は高いわけで
企業がそれを気にするのはある程度は仕方ないともいえます。

あと、ブログランキング一位の内定ネットさんによると
「学校内で作れる人脈」というのも、
難関大にいる学生の評価につながっているそうです。
そういえば最近「名門高校人脈」みたいな本も出てますね。

筆記試験を全員に受けさせて絞るよりも
学校名だけ見て絞るほうが明らかに金も時間もかからなくて、
効率良いですから、「そういう企業もある」のは事実だと思います。

こないだの記事に書きましたが、
僕も最近某コンサルの学歴フィルターにひっかかりました。
(年齢的に現役じゃないってのと、高校が無名なのが原因かな、
 と自分では分析しています。)

セミナーの参加に関してなんですが
「抽選で当たった人だけに連絡がいく」
と書いてあり、結局連絡ありませんでした。
(ランダムで良いのなら「先着順」にすれば良いはずです。)

追記:古井戸先生のブログでも詳しく述べられていたので紹介します。
http://ameblo.jp/furuido/entry-10003052217.html

でも自分の中では割り切ってるんで、
自分なりに他からアプローチしようかと思っています。

問題は「学歴差別されるかどうか」とかではなく、
学歴やら自分のバックグランドが活動に影響する時に
「その中で自分がどう動くか」ですよね。

エントリーフォームのフィルターにひっかかっても、他に道はあるんじゃないでしょうか。

就活ブログランキングはこちら。ワンクリックお願いします!



  
2005.11.07 Monday| category:就活動向分析| comments(8)|
categories
archives
/
/
profile
Sponsored Links
qrcode